CellPita

エクセルにドラッグ&ドロップでセル内に画像をピッタリ貼り付け

リリース 記事

Ver1.4.1 リリースしました

投稿日:

改定バージョン Ver1.4.1をリリースしました。改定内容は以下の通りです。

・CellPitaに写真を表示時、アドレスバーにフォルダをドラッグ&ドロップのみであったのを、ファイルのドラッグ&ドロップを追加と、写真プレビュー画面、検索ボックスにもドラッグ&ドロップできる機能を追加。
・「Ctrl」キーを押しながら画像を選択することにより、複数の画像をランダムに選択できる機能を追加。
・「Shift」キーを押しながら画像を選択時に、正しく複数選択できない不具合を修正。
・パソコン画面の拡大・縮小が100%以外の時、エクセルに画像挿入時にセルサイズにフィットされた画像サイズにならない不具合を修正。

ダウンロードページ

 

ファイルをドラッグ&ドロップ

これまでは、フォルダをフォルダパスボックスドラッグ&ドロップのみだったのを、新バージョンでは、検索ボックス、フォルダパスボックス、プレビュー画面にフォルダ、ファイルをドラッグ&ドロップでCellPitaに画像を表示できるようになりました。

-リリース, 記事

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

Ver1.4.0 リリースしました

改定バージョン Ver1.4.0をリリースしました。改定内容は以下の通りです。 ・検索ボックスを追加し、CellPitaに表示しているファイル・フォルダ名の検索機能を追加。 ・ツールバーに回転プルダウンリストを追加し、画面表示時、エクセル挿入時に選択された角度で画像を回転する機能を追加。 ・プレビュー画面表示時、画像のExif情報の回転情報に基づき表示されるように修正。 ・PDF変換時に画面が固まった状態になる不具合を修正。 ・その他軽微な不具合修正。 ダウンロードページ   検索機能 検索ボックスに検索したいファイル名の一部を入力し、Enterキーを押下、もしくは検索ボックスの検索アイコンをクリックで該当するサムネイルを選択します。   画像回転機能 回転したい角度を回転のプルダウンリストより選択します。 デフォルト「0度」のとき。   「右90度」を選択したとき。 表示されている画像が右に回転します。エクセルに画像をドラッグ&ドロップ時にもこの角度でエクセルに貼り付けられます。

Ver1.4.2 リリースしました

改定バージョン Ver1.4.2をリリースしました。改定内容は以下の通りです。 ・画像のExif情報の撮影日時を取得できない場合にExif回転情報も正しく取得できない不具合を修正。 ダウンロードページ

フリーソフト100でCellPitaが紹介されました

フリーソフト100でCellPitaが紹介されました。(2017年5月14日) フリーソフト100はフリーのソフトウェア、有料のソフトウェア、オンラインで使えるWebアプリ等を紹介したソフトウェア・Webサービス紹介サイトです。 freesoft100 CellPita紹介ページ 新着記事で紹介(今だけトップページに!) (2017/5/20追記)トップページから陥落です。

CellPita起動時に「ファイルまたはアセンブリ ‘System.Data.SQLite.dll’、またはその依存関係の 1 つが読み込めませんでした。」のエラーがでたら

本日、CellPitaをインストールし実行すると、起動時に以下のエラーがでるというお問い合わせがありました。 エラーの詳細 ————– アプリケーションのコンポーネントで、ハンドルされていない例外が発生しました。[続行] をクリックすると、アプリケーションはこのエラーを無視し、続行しようとします。[終了] をクリックすると、アプリケーションは直ちに終了します。 ファイルまたはアセンブリ ‘System.Data.SQLite.dll’、またはその依存関係の 1 つが読み込めませんでした。指定されたモジュールが見つかりません。 ————– 環境は最近Windows10をクリーンインストールされたとのこと。 調べた結果、原因として、CellPitaの動作対象プラットフォームは32ビットなのですが、エラーとなるPCは64ビットでCellPitaを動かそうとしているようでした。 Windows10・64ビットのPCでもたいてい32ビットのアプリケーションは動作するのですが、なぜか64ビットでCellPitaが動いてしまっているようです。   このエラーの対応として、ベータ版Ver1.3.4betaで32ビット、64ビット両方で動作するようCellPitaを修正しました。PC環境が変わってCellPitaが起動エラーになってしまう場合は、ベータ版Ver1.3.4betaをお使いください。 下記よりダウンロードお願いします。 (URL)https://cellpita.com/ver1-3-4-beta/ (ファイル)cellpita_setup_1.3.4 beta.zip あくまでベータ版なので、現在CellPitaが通常に動作する方は最新の正式バージョンVer1.3.3をお使いください。 32ビット、64ビット両方の環境で動作するVer1.3.4の正式バージョンは、1月後半にリリース予定です。 (2020.1.22追記) 1月22日、Ver1.3.4の正式バージョンをリリースしました。 Ver1.3.4 リリースしました ※Vre1.3.4の正式バージョンリリースに伴い、Ver1.3.4betaのベータバージョンの公開は停止しました。  

エクセルの画像を別のフォーマットへ落とし込みたい

工事写真台帳を作成したけど、発注者が指定したフォーマットとは別のエクセルフォーマットで作成してしまった等、中身はそのままで別のフォーマットに変えたい場合、手作業で移し替えないといけません。   「Alt」キーを押しながら拡大縮小してセルの高さ幅に合わせる 貼り付け直す場合、元の画像つきフォーマットファイルと新しいフォーマットファイルを開いて、元のファイルの画像をコピーして新しいファイルに貼り付けといった手順になるかと思います。 この時に、画像のセルサイズが元のフォーマットと同じセルサイズならいいのですが、違う場合、写真を縮小拡大してセルに合わせなければなりません。 セルの高さにピッタリと合わせるには、「Alt」を押したまま、右下の拡大矢印を拡大縮小すれば、セルの高さ、幅に合わせることができます。   XLSXファイルをZIPファイルにして画像を取り出す コピペで貼り付け直すのではなく、元画像から新たに画像挿入する場合、画像ファイルがあればよいのですが、ない場合はエクセルファイルから画像ファイルを取り出します。拡張子が「.xlsx」のファイルは中身の画像を取り出すことができます。 まず、元ファイルのコピーを作成します。 コピーしたファイルの拡張子を「.xlsx」から「.zip」に変更します。「~変更しますか?」で「はい」をクリックします。 元ファイル名のZIPファイルが出来るので、解凍します。 解凍したフォルダ内の「xl」→「media」フォルダ内に画像ファイルが保存されています。 CellPitaでドラッグ&ドロップでセルサイズに合わせて貼り付けることができます。

お知らせ

—お知らせ—

2020年11月12日、新バージョンVer1.4.2をリリースしました。

CellPita

CellPita(セルピタ)は、任意の画像ファイルをドラッグ&ドロップでエクセルに貼り付けるためのツールです。画像サイズを自動でセルサイズに合わせて貼り付けます。
工事写真台帳や、アルバム帳の写真貼り付けの手間を劇的に楽にします。

最新バージョン

1.4.2