CellPita起動時に「ファイルまたはアセンブリ ‘System.Data.SQLite.dll’、またはその依存関係の 1 つが読み込めませんでした。」のエラーがでたら

本日、CellPitaをインストールし実行すると、起動時に以下のエラーがでるというお問い合わせがありました。

エラーの詳細
————–
アプリケーションのコンポーネントで、ハンドルされていない例外が発生しました。[続行] をクリックすると、アプリケーションはこのエラーを無視し、続行しようとします。[終了] をクリックすると、アプリケーションは直ちに終了します。

ファイルまたはアセンブリ ‘System.Data.SQLite.dll’、またはその依存関係の 1 つが読み込めませんでした。指定されたモジュールが見つかりません。
————–

環境は最近Windows10をクリーンインストールされたとのこと。

調べた結果、原因として、CellPitaの動作対象プラットフォームは32ビットなのですが、エラーとなるPCは64ビットでCellPitaを動かそうとしているようでした。

Windows10・64ビットのPCでもたいてい32ビットのアプリケーションは動作するのですが、なぜか64ビットでCellPitaが動いてしまっているようです。

 

このエラーの対応として、ベータ版Ver1.3.4betaで32ビット、64ビット両方で動作するようCellPitaを修正しました。PC環境が変わってCellPitaが起動エラーになってしまう場合は、ベータ版Ver1.3.4betaをお使いください。

下記よりダウンロードお願いします。
(URL)https://cellpita.com/ver1-3-4-beta/
(ファイル)cellpita_setup_1.3.4 beta.zip

あくまでベータ版なので、現在CellPitaが通常に動作する方は最新の正式バージョンVer1.3.3をお使いください。

32ビット、64ビット両方の環境で動作するVer1.3.4の正式バージョンは、1月後半にリリース予定です。

(2020.1.22追記)
1月22日、Ver1.3.4の正式バージョンをリリースしました。

Ver1.3.4 リリースしました

※Vre1.3.4の正式バージョンリリースに伴い、Ver1.3.4betaのベータバージョンの公開は停止しました。