CellPita

エクセルにドラッグ&ドロップでセル内に画像をピッタリ貼り付け

エクセルに画像を挿入するときに画質が落ちたら

元の画像は高解像度なのに、エクセルに画像を挿入したときに画質が落ちてしまうということがあったら、以下を確認してみてください ※エクセル2010以降の機能なので、以下の説明はエクセル2010以降のバージョンが対象です。 メニューバーの「ファイル」をクリックします。 左下の「オプション」をクリックします。 左枠の「詳細設定」をクリックします。「イメージのサイズと画質」セクション内に、「ファイル内のイメージを圧縮しない」と「既定の解像度」があります。   「ファイル内のイメージを圧縮しない」はデフォルトでオフになっています。オフということは、圧縮する、ということです。この場合、下の「既定の解像度」の画質になります。 圧縮したくないという場合は、「ファイル内のイメージを圧縮しない」にチェックをいれてオンにします。   圧縮はするけど、もう少し高解像度でと言う場合は、「既定の解像度」の解像度を変更します。プルダウンで選択できるようになっています。   このプルダウンにある「高品質」が一体どのくらいなのか不明です…。      

「エクセルワークブックが検出できません。対象のブックを開き直してから再度実行してください。」のエラーがでる

2019/03/07   -お知らせ, 記事
 ,

CellPita使用時に、 「エクセルワークブックが検出できません。対象のブックを開き直してから再度実行してください。」 というエラーがでるというお問い合わせをいただきました。 原因として、複数のエクセルを立ち上げていて対象のブックとは別のブックにドラッグドロップしようとしていることが考えられます。 が、同じお問い合わせが昨年末にも1件ありました。そちらの方は別の同様のツールでもエクセルが認識できないとのことでエクセルの問題では、とのことでした。 2件とも1度はCellPitaでエクセルにドラッグドロップして使えていたということでした。 今日、再度調べましたところ、以下の原因も考えられるようでした。 CellPitaを管理者として実行していて、Excelは通常ユーザで実行している。もしくは逆です。つまり、CellPitaとExcelで別の権限で動いているということです。 その場合、全てのプログラムからCellPitaのアイコンを右クリックし、プロパティの「互換性」→「設定」→「管理者としてこのプログラムを実行する」のチェックを外してCellPitaを管理者として実行しないように変更します。 CellPitaとエクセルの両方を管理者以外で実行する、もしくは両方管理者で実行するようにして同じ権限で動かせば問題ないようです。

Ver1.3.1 リリースしました

2018/09/30   -リリース, 記事

改定バージョン Ver1.3.1 をリリースしました。改定内容は以下の通りです。 ・サムネイルの画像を選択したときにサムネイル画像が網掛けになるのを枠のみ青に変更。 ・CellPitaから一度エクセルに貼り付けた画像は、貼り付け履歴がわかるようにファイル名を青文字に変更。 ダウンロードページ

Ver1.3.0 リリースしました

2018/07/31   -リリース, 記事

改定バージョン Ver1.3.0 をリリースしました。改定内容は以下の通りです。 ・プレビューウィンドウを追加。 ダウンロードページ プレビュー機能 マウスホイールで拡大縮小 拡大したい位置でクリックしてマウスホイールで拡大できます。マウスアイコンが手のひらアイコンになっているときは、拡大縮小ができます。 拡大モードでマウスを左クリックしたまま動かすと表示画面を移動することができます。 実際のサイズで表示 プレビュー画面下部の「実際のサイズで表示」ボタンクリックで、実際の大きさに合わせて表示します。再度クリックでウィンドウの大きさに合わせて表示します。 選択拡大モード 拡大したい箇所をマウスで四角形で選択すると、選択した範囲を拡大します。拡大モードのとき(手のひらアイコンのとき)は、この操作はできません。

エクセルの図形を簡単に一括選択する方法

エクセルの図形を全て選択する場合、エクセルのリボンから「オブジェクトの選択」で全範囲を選択とかしなくても、もっと簡単にシート上のオブジェクトを全選択することができます。 図形を一つ選択してから「Ctfl」+「A」で一括選択 まず、図形または画像をどれでもよいので一つ選択します。 図形を選択した状態で、「Ctrl」+「A」のショートカットキーで全図形を選択することができます。   セル幅や高さ変更時に図形の大きさを変更したくない場合 エクセルに図形をたくさん作成した後、セルの幅や高さを変更したら図形の大きさも変わってしまった、しかも図形が縦や横にのびてしまった、なんてことがあると思います。 セルの幅と高さを変更しても図形の大きさが変わらないようにするには、図形のプロパティを「セルに合わせて移動するがサイズ変更はしない」または「セルに合わせて移動やサイズ変更をしない」にします。 上の手順で図形を全選択します。右クリックして「サイズとプロパティ」→「プロパティ」→「セルに合わせて移動するがサイズ変更はしない」を選択します。図形を移動したくない場合は「セルに合わせて移動やサイズ変更をしない」を選択します。  

エクセルの画像を別のフォーマットへ落とし込みたい

2018/07/15   -Excel, 記事
 , , ,

工事写真台帳を作成したけど、発注者が指定したフォーマットとは別のエクセルフォーマットで作成してしまった等、中身はそのままで別のフォーマットに変えたい場合、手作業で移し替えないといけません。   「Alt」キーを押しながら拡大縮小してセルの高さ幅に合わせる 貼り付け直す場合、元の画像つきフォーマットファイルと新しいフォーマットファイルを開いて、元のファイルの画像をコピーして新しいファイルに貼り付けといった手順になるかと思います。 この時に、画像のセルサイズが元のフォーマットと同じセルサイズならいいのですが、違う場合、写真を縮小拡大してセルに合わせなければなりません。 セルの高さにピッタリと合わせるには、「Alt」を押したまま、右下の拡大矢印を拡大縮小すれば、セルの高さ、幅に合わせることができます。   XLSXファイルをZIPファイルにして画像を取り出す コピペで貼り付け直すのではなく、元画像から新たに画像挿入する場合、画像ファイルがあればよいのですが、ない場合はエクセルファイルから画像ファイルを取り出します。拡張子が「.xlsx」のファイルは中身の画像を取り出すことができます。 まず、元ファイルのコピーを作成します。 コピーしたファイルの拡張子を「.xlsx」から「.zip」に変更します。「~変更しますか?」で「はい」をクリックします。 元ファイル名のZIPファイルが出来るので、解凍します。 解凍したフォルダ内の「xl」→「media」フォルダ内に画像ファイルが保存されています。 CellPitaでドラッグ&ドロップでセルサイズに合わせて貼り付けることができます。

Ver1.2.0 リリースしました

2018/06/12   -リリース, 記事

改定バージョン Ver1.2.0 をリリースしました。改定内容は以下の通りです。 ・ExcelファイルをPDFに一括保存機能追加。 今日はシャンシャンの1歳の誕生日です!シャンシャンに会いたい! さらに今日は、歴史的な米朝首脳会談も行われました。

Ver1.1.2 リリースしました

2018/01/07   -リリース, 記事

改定バージョン Ver1.1.2 をリリースしました。改定内容は以下の通りです。 ・バージョンチェック機能不具合修正

Ver1.1.0 リリースしました

2017/11/30   -リリース, 記事

改定バージョン Ver1.1.0 をリリースしました。改定内容は以下の通りです。 ・複数画像一括貼り付け機能追加。 ・メニュー>表示>「最新の情報に更新」メニューとボタンを追加。 ※前バージョンをアンインストールしてからインストールしてください。

Ver1.0.2 リリースしました

2017/05/30   -リリース, 記事

改定バージョン Ver1.0.2 をリリースしました。改定内容は以下の通りです。 ・インストーラをマルチ言語(日本語、英語)対応。 ・起動時に「System.FormatException: 文字列は有効な DateTime ではありませんでした。」のエラーが発生するケースの不具合を修正。 ※前バージョンをアンインストールしてからインストールしてください。

お知らせ

—お知らせ—

2020年11月12日、新バージョンVer1.4.2をリリースしました。

CellPita

CellPita(セルピタ)は、任意の画像ファイルをドラッグ&ドロップでエクセルに貼り付けるためのツールです。画像サイズを自動でセルサイズに合わせて貼り付けます。
工事写真台帳や、アルバム帳の写真貼り付けの手間を劇的に楽にします。

最新バージョン

1.4.2